(改)片言からの英会話ブログ
ダメ人間に片足を突っ込んだ主婦が思い付きで英会話を習う手記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ロンドン旅行記 その3
さすがに今日は皆、ぐっすり。
私は6時に目が覚め、部屋の窓から外を眺めました。
夜の間に結構しっかりと雨が降ったようです。道が濡れています。
BBの朝1  2階から下を見る  向かいの町並み
向かいの町並みもほとんどがB&B。
雨のおかげで空気が清々しいです。

7時には皆起きました。のんびり仕度して、2日目の朝食に行きます。
今日は子供たちがコンチネンタルを選択。シリアルとヨーグルト、クロワッサンのセットです。
シリアル  クロワッサン
シンプルだなー。足りるのかなー?
やっぱりお腹にたまらなかったらしく、食パンをおかわりして食べてました。しかも塩コショウで。

さて、今日のテーマは『ショッピングお楽しみデー』。
ハマースミス駅のバスステーションからベイカーストリートに向かいます。
ハマースミス駅バス停  ベイカーストリート1
目指すはシャーロックホームズ博物館です。

特にホームズのファンなわけでもなく、むしろ読んだことないのですが、
テレビで見た時、子供たちが気に入っていたのでチョイスしてみました。
建物の1階はおみやげ店、2階以上が博物館になっています。
シャーロックホームズ館1  シャーロックホームズ館3  シャーロックホームズ館2  
生活品が時代を感じさせてなかなか素敵な雰囲気でした。
暖炉には炭が赤々と燃え、燭台には火が灯されています。
メイド服を着たメイドさんがいて、火の管理をしているようでした。
まるでホームズが実在の人物の様に思えてきます。
子供たちも雰囲気だけで楽しめてるようです。

3階にはワトソン君も居ました。ちょっと太り過ぎな感じでしたが、
ウチの娘に「Where are you from?」と声を掛けてくれました。
ワトソン君
「I'm from Japan.」って娘が答えると、「コンニチワ、スバラシイ」などと
片言の日本語を披露してくれました。なかなかフレンドリーですね。
メイドさんは撮影ダメって言われたけど、ワトソン君はオッケーでした。

ベイカーストリート駅前にはシャーロックホームズ像が立ってました。
シャーロックホームズ像
足元にはフランス人のお子ちゃま。かわいらしい。

この駅前からまたバスに乗ってトラファルガー広場に向かいます。
運良くダブルデッガーバス2階の最前列に座れました。
バスの2階
ピカデリーサーカスに向かうリージェントストリートは日本の銀座みたいなものですかね。
素敵な町並みにウィンドーショッピングだけでも楽しめちゃう。

トラファルガー広場に到着。広場の奥にはナショナルギャラリーが構えています。
時刻は11時過ぎ。さすがに人が多いです。
でも、いくらでも人を受け入れてくれそうな大きな入口だよね。
ナショナルギャラリー1  トラファルガー広場  ナショナルギャラリー2
ナショナルギャラリー側から広場を撮影。ネルソン提督の孤高の姿が印象的です。
電光掲示板はロンドンオリンピックまでのカウントダウン。

ナショナルギャラリーでは、印象派からゴッホのあたりを重点的に回りました。
各部屋ごとに中央に立派なソファがあって、ずっと座って眺めていたい感じ。
でもチビが美術品には興味がなく、1時間くらいで引き揚げることに。

次は歩いてコヴェントガーデンに向かいます。
コヴェントガーデンへ  コヴェントガーデンへ2
途中、チャーリングクロス駅前を通過。これが駅だなんて見えない。
徒歩7分くらいでコヴェントガーデンに到着。
コヴェントガーデン1  コヴェントガーデン3  コヴェントガーデン2
教会前の広場では入れ替わりで大道芸人たちが技を披露しています。
広場に面する2階のカフェテリアは見学には特等席みたい。
昼食をとるカフェを探して歩けば、あちこちにストリートパフォーマーが。
ストリートパフォーマー1  ストリートパフォーマー2
お金を入れれば動きます。でも一人、かなり台から離れて普通にしゃべってる人が・・・。

昼食に入ったカフェは「The Real Greek」ギリシャ料理です。
子供たちはスヴラキを注文。ピタに巻かれたタイプで美味しいみたい。
あと、旦那は謎の「ビフテキ」ってものを注文。
ビフテキ?  エビのグリル
ビフテキの正体は、牛肉100%のハンバーグでした。
私はエビの香草焼きを注文。どれもなかなか美味しかったです。

さて、ここから旦那&チビと私&娘の2チームに別れて行動。
私たちは今回のイギリス行きの目的の30%くらいを占めている
アフタヌーンティに行くのでーす。
場所はランガムホテル。
5つ星ホテルなので、玄関には正装(燕尾服)をしたホテルマンが常駐。
ランガムホテル入口
すでに場違い感をヒシヒシ感じつつ、でもお構いなしに中へ。中もすっごくゴージャスな作り。
ランガムホテルの廊下  ランガムホテルのトイレ  ランガムホテルの踊り場
ずうずうしくも、トイレを拝借。手洗い用に、ちゃんとタオルが置いてあるの。スゴー。

ホテル入口からすぐに予約したカフェ「パームコート」がありました。
アフタヌーンティのメニューは二つある内の「Bijoux Tea」を注文。
紅茶もたくさんの種類から選べますが、私はダージリン、
娘はイングリッシュブレックファストと無難どころをいくチョイス。
最初にミントのムースが出てきて、その後、出てきたのが左下の皿。
これ、サンドイッチです。なんじゃこりゃ~って感じ。
食材もトリュフやらフォアグラやら贅の限りを尽くした趣向。
サンドイッチ  アフタヌーンティのケーキ
さらにケーキも出てきました。すっごい綺麗なの。
紅茶がさすがに美味しかった。何杯も飲んじゃった。紅茶大好き。
なくなる度、新しい茶葉でサーブしてもらえます。
最後に焼きたてのスコーンが出てくるのですが、これがまた美味しいの!
少しオレンジの香りがして、うっすら甘い。
テーブルにあるクロテッドクリームとストロベリージャムをぬって食べると最高。
なくても美味しい。いいなぁこれ。
でも、1個食べたらずっしり来る。絶対カロリー過多だ。
残すのはもったいないので、お願いしてお持ち帰りパックを作ってもらいました。
サービスも満点です。

おもたい腹をかかえ、待ち合わせのハムレイズというオモチャ屋さんまで
リージェントストリートをウィンドーショッピング。
途中、ユニクロのチラシを配ってました。すごいねユニクロ。

ハムレイズは1階から7階まですべてのフロアがオモチャ売り場という玩具のデパートです。
店員がデモンストレーションしながら商品を売っているので、見てて楽しい。
でも空気砲でいきなり顔を撃たれるとムカつく。デンジロウかお前は。
任天堂大好きな娘はゲーム売り場で海外版パッケージを熱心に研究。ううむ変態だ。
チビはあちこち張り付くように見て回ってました。

ロンドンの日曜日はどこも終わりが早く、6時には閉店です。
私たちも次に行くロンドンアイでロンドン観光を締めくくります。
でもとうとうやっちゃいました。反対向きのバスに乗っちゃったんだよねー。
途中で気付いて慌てて乗り換え。
7時になり、あたりも暗くなってきました。
ロンドンアイ
これに乗ったら短いロンドン観光も終わりです。
チケットを買うのに15分くらい並びましたが、25人乗りということもあって、
乗り込むのはアッという間でした。
ロンドンアイからの夜景1  ロンドンアイからのビックベン  ロンドンアイ
ピンボケボケですが、夜景がすばらしかったです。ロンドンが宝石箱のようでした。

あ~今回の旅もこれで終了だなぁ・・・。
ウェストミンスター駅へ向かう橋の上で、名残惜しくロンドンアイを見ます。
反対側にはビックベン。ここの夜景は最高だよな~。
ロンドンアイ1  夜のビッグベン1
ビッグベンがやっぱり一番ロンドンらしい!やっぱり素敵!!
夜のビッグベン2  夜のビッグベン3
しつこくビッグベンを撮影。いや~楽しかった。

とか言いながら、最後にどうしても行きたいと、ハマースミスのガストロパブに行く。
ロンドン関係のブログを読み渡っている時に見つけた良さそうなレストランです。
「THE GROVE」というイタリアンレストラン。
初日にフィッシュ&チップスを食べ損ねていたチビは、改めてトライ。(左下)
ほんとはもっと綺麗に盛り付けされてたんだけど、写真撮る前に食べちゃったのヨ。orz
緑のペーストはなんとグリンピース。ちゃんと生から茹でて作ってありました。
ポテトもザク切りがホクホクで美味しい。タルタルソースがあるのもグー。
フィッシュ&チップス  ステーキ  レモンのリゾット
娘はここまで来て肉が食べたい!とステーキを注文。
旦那はレモンのリゾット。きっと米が食いたかったんだろう・・・。
これが、どれもこれも超美味しいの!!
フィッシュアンドチップスも、身厚の白身魚が美味しくて、チビ大満足。
ステーキのソースは少し酸味の効いたものでお肉に良く合い、
お肉も固くなくジューシー。しかもデカイ。
レモンのリゾットは、レモンの爽やかな香りとチーズの濃厚さがすごくマッチしてました。
これにレモネードやジンジャエールなどの飲み物を頼んでも
合わせて£50しないというリーズナブルさ!素敵!!
いや~最後の最後、わがまま言って皆を連れてきて良かった。
皆も、疲れていただろうに文句も言わず付いてきてくれてありがとう。

カフェラテをテイクアウェイしてB&Bに帰宅。3日目も無事終了しました。

Comment0 page top





管理者にだけ表示を許可する






Copyright © (改)片言からの英会話ブログ. all rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。