FC2ブログ
(改)片言からの英会話ブログ
ダメ人間に片足を突っ込んだ主婦が思い付きで英会話を習う手記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


英検一次試験の結果
最近じゃ、英検もネットで結果が見られる時代なんですね~。いやはや便利。
そんなわけで以下、結果です。

分野ごとの得点率や受験者の平均などが出てます。
英検一次結果準2級
準2級は自己採点通りでした。

英検一次結果2級
2級は何かマークミスをしたのか、自己採点より1点少なかったです。
合格点ボーダーだったら命取りですね。気をつけないと・・・。

二次ってどんななんでしょうね?
対策のしようがないので、NOVAでレッスンを取るようにします。多分。
スポンサーサイト


L7B -29 / L7A -1 / L7A -2
さてさて、英検も終わった事だし(って二次を忘れてないか?)、
今度は11月のドイツ語検定に向けてドイツ語にテコ入れしないと!

それというのもすっかりドイツ語ご無沙汰でして、
レベルアップしたのに2か月もレッスンを取らず・・・。
G先生をガッカリさせること請け合いです。orz

恐ろしくていきなりゾーンCは取れなかったので、
まずはゾーンBでリハビリをし、続いてゾーンCを取ることにしました。

さて、久々のドイツ語1コマ目は生徒2人とナイスな感じ。
レッスン内容はレストランのメニューで、単語が山程ある。
いや~~も~~忘れてる忘れてる。あいたたた・・・。
単語も文法も忘れてる。忘れるほど覚えてもないのにネ!?
ちょっとビックリしたのは、G先生が単語の意味を日本語で教えてた事。
今まで、ちょっとした単語も頑なにドイツ語オンリーで説明して
生徒を迷宮入りさせていたのに、
おもいっきり日本語で「ハムね」とか。「豚ね」とか。
うーむ、何か要望でもあったのだろうか??
まぁ私はどちらでもいいのですが。
しかしゾーンBでも全然ついてけないワ。ガックリ。

そんななのにゾーンCで2コマ取ってしまったわけで、
続いて初のL7Aのレッスン。
生徒は4人。その内ゾーンBでご一緒した事のある方や、
顔見知りの方などいらしてちょっとホッとしました。

7A初レッスンは「お勧めのホテルはある?」とかってテーマ。
『私は空気です計画』とか心の中で思っていたけど、普通に会話を振られて撃沈。
7Aで新しく出てきた文法がやはり分からなかった・・・。
「あなた(君)」が「あなたに(君に)」に変形するみたいな事をやっていたと思われます。
Sie→Ihnen / du→dir
文章自体は、どうも英語でいうところのSVOOの作りっぽかったんですよね。
empfehlen+DATIV+AKKUSATIV
文法用語もドイツ語で訳わからん・・・。さっきと打って変わって日本語ゼロ・・・。
どうですかその仕打ち。
まぁ私は結局どちらでも訳わからなくても別にいいのですが。(ダメか?)

さて、ラストレッスン3コマ目は落ち込み~~な私を気遣ってか
今日の1コマ目で扱ったレストランのメニューがまた出てきて、
単語の復習をしつつ注文に関する会話の流れを学習。
そして生徒さんの分からない単語が出てくるといちいちチャーミングに私に振るのだ・・・。
その顔には『さっきやったでしょ?覚えているよね!?』って期待に輝く瞳が!!
その無垢な視線がレーザーみたいに痛いんですが・・・?新手の拷問か?
ちゃんと勉強しますから許して下さいゴメンナサイ状態でした。orz


そんなわけで全体的にほんと情けないほどグダグダなのでした。
ちゃんと勉強します。ほんとゴメンナサイ。って心から思いましたヨ。
それに、ご一緒したメイトさんがおっしゃるに、独検4級は難しいらしい。
独検は11月22日。きっちり勉強して、ちゃっかり合格してみせます!!


これを読んでました
ここのところ、心の中では英検一色で勉強しなきゃ~って思ってはいました。
でもなかなかちゃんと机に向かって何かしようって気になれなかったんですよね・・・。(←なれよ)

そんな時、大昔に購入したペーパーバックを引っぱり出して何となく読んでいました。
少年探偵ブラウン少年探偵ブラウン(日本語版)
実は以前にも紹介したことがあるのですが、「少年探偵ブラウン」という本です。
右は私が小学生の頃、図書館で借りて夢中で読んでいた日本語版です。
探偵モノってこともさることながら、私はこのペン画タッチに水彩色のイラストも
とても気に入ってたんですヨ。
内容は、以前の紹介文をそのまんま載せると下記の通り。
事件のあらすじからブラウン少年が問題を解決する手がかりを得る所までが
本編になっており、1冊に10くらいの事件が載っています。
巻末に各章ずつのブラウン少年の推理と解説があるので、
一緒に推理を楽しめる作りになっています。
元祖『名探偵コナン』ってとこでしょうか。


もちろん、ここのところ読み進めていたのは左側の英語版でして、
本の背に『TOEICスコア470~』という目安が貼ってありました。
コレを購入したのは過去のブログで調べてみたら2005年7月。
無謀でしたね~~

当時、日本語で読んだことのある記事でさえも歯が立たなかった覚えがあります。
今はようやく、話の流れを知らない事件もかなり大雑把ですが分かるようになりました。
ちゃんと解答も当てられるし。
4年経って、やっとこさ読めるようになったんだな~と、ちょっと感慨深かったです。
まぁ、実質、小学生向けの内容なんですが。文章的にも難しい表現や語句はありませんしね。

さて、なんでこんな風にペーパーバック昔話みたいなことを言ってるかというと、
また悪い虫が働いて、ドイツ語のペーパーバックが欲しいという
超無謀なことを考えとりまして。
英語なんて、曲がりなりにも中・高6年間はやむを得ず学習してきて、
最初から1000語くらいの単語は身に付いているにも関わらず歯が立たなかったのに、
ドイツ語なんてまだ100語も覚えてないのに読める訳がない!!

でも欲し~い。

今、購入したら読めるようになるのは何年後でしょうね??
・・・さっ、諦めてちゃんと勉強しなさい!


英検W受験速報
さて、昨日は英検準2級・2級を受けてきたわけですが、
ほんと英検受験なんて20年ぶりくらいなわけでして・・・。
試験会場までの道を皆、ずらずらと歩いて行くわけですが、
周りを観察するに、大人はあまりいない感じ・・・。
いると思うと、それは小学生の付き添いの保護者だったりするわけですよ。
準2級を受けている大人が私だけだったらどうしようとか
いろいろ不安になりつつ会場に到着。
教室に入ったら、思ったよりもいろんな年齢層の方が着席されてたのでほっとしました。

ここからは、私にしては珍しく猛烈な英検批判なので、
気分を害される方は見ない方が良いでしょう。




オクトーバーフェスト2009
今年もこの季節がやってきました!!そう、オクトーバーフェスト!!
ドイツのビアガーデン祭り(←言い方に語弊が・・・)です。
「横浜オクトーバーフェスト2009」は、今年も赤レンガ倉庫前に特設会場ができて、
ドイツビール、ドイツソーセージ、ジャーマンポテトなど本場ドイツの食を味わえ、
ドイツ文化に触れられるプチドイツ旅行が楽しめるイベントです。

さて、今年は3時半頃に会場に到着したのですが、
いやもうすごい人、人、人・・・。
オクトーバーフェスト2009
↑会場の中は、ぎっしり人です。
ビールは会場のあちこちで買えるのでさほど時間もかからないのですが、
ソーセージやハムなどおつまみを買うブースは大行列・・・。
会場内の席は満席で、皆、立ち飲みしていたり、おつまみとビールをトレイに乗せて
会場外のコンクリートに座って食べていたりとものすごい混雑でした。

とりあえずテント内を一周して雰囲気を楽しんだあと、
寝不足も考慮してビールは飲まずに隣の赤レンガ倉庫のカフェに入り、
ガレットというそば粉で出来たクレープを食べてきました。
ガレット
私が食べたのは中にソーセージとチーズが入ったガレットですが、
中身はサラダと生ハムだったり、ベーコンと目玉焼きだったりと
デザートではなく、軽くお昼ごはんになりそうな食事です。
日本で言うと・・・・お好み焼きかたこ焼きってところかなぁ?え?違う?全然違う??
フランス北西部のブルターニュ地方ではコレ専門のカフェがたくさんあるそうです。
しかし、ドイツのお祭りに行ってフランス料理を食べてくる私って一体・・・。

あと、なんか知らないけど、居ました。
ボトムズ
装甲騎兵ボトムズ・・・。

今年は体調を考えてドイツビールを味わえませんでしたが、
乾杯の歌は皆と一緒に歌えたので満足満足。
来年は今年の教訓を踏まえて、
「寝不足しない」「10:30には会場着」
の2点を守って参加したいと思います。


D-- (L6-42) / D41 (L6-43)
英検を前日にひかえ、気休めに耳を鍛えようと英語のレッスンを取りました。
けっして「オクトーバーフェストで横浜に行くからついでに・・・」ってわけじゃぁないんですよ?

前々から機会があったらレッスン取ってみようと思っていた講師が
所属しているブランチまで行ってきました。
そこには、NOVAが倒産した時にプライベートレッスンをしてくれた講師と、
倒産前に私の所属していたブランチの講師だった人がいて、
ちょうどL6の続きコマだったんです。

そんなわけで今日の2レッスン、1コマ目はB。
彼はすご~~く人気の講師らしいんですよ。
レッスンはテキストを開かず、独自のテーマで進めるみたい。
今日のテーマは「漢字クイズ」。
When do you say a sword's edge on a heart ?
ってことで、『認』という漢字を指してるわけですが、
そこから「認可する」や「確認する」という単語を使っての作文をしました。
出てくる単語が私には難しくて、なかなかハードなレッスンでしたが、
NOVA式と毛色が違う新鮮で楽しいレッスンでした。
機会があったらまた取りたいですねぇ。

2レッスン目は元所属ブランチの講師S。
レッスン内容は「昔は~~したものだ」と過去の流行を語るとこ。
これまた対照的に、超NOVA式レッスン。
いい意味で彼らしいレッスンでした。相変わらずだなぁと。


今回は1か月の間隔が開きましたが、
9月に受けたレッスンより話せた気がしました。
レッスン運びが上手だったからかしら?
やっぱり対面レッスンは楽しいですね~。
とにもかくにもあまり間隔をあけない方がいいことは確かなので、
また積極的にレッスン取っていきたいと思います。




Copyright © (改)片言からの英会話ブログ. all rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。