FC2ブログ
(改)片言からの英会話ブログ
ダメ人間に片足を突っ込んだ主婦が思い付きで英会話を習う手記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


L7A -3 / L7A -4
ドイツ語のVOICEとうまく時間が合うので
ゾーンCを2コマ。

1コマ目の内容は、動詞の不規則活用(といってもルールはあるのですが)の練習。
主語に合わせて動詞を活用させて文を作るのですが、
動詞の意味が分からないから例文が作れないのよネ・・・。
やっぱり単語を覚えないと全然ついていけないな~。

さて、つづいて2コマ目は、列車の時刻表を見て、
自分の行きたい場所行きの列車が何番線から何時に出発し、
何時に到着するかを尋ねたり教えたりする練習。
ギャー!数字の聞き取りが・・・。orz

もっとちゃんと努力しないと、独検3級は遠すぎる。
スポンサーサイト


L7B -30 / L7A -3 / L7A -4
英語の期限切れの関係で急遽ゾーンBの予約を入れたので、
また全然勉強もせずドイツ語のレッスンに参加。
これじゃぁ上達するわけないよな~。

ホームブランチのゾーンBで、生徒は2人。
最初にお互いについて質問し合ったのですが、
すっかり忘れちゃってて、職業もろくに聞けなかった・・・。orz
煙のように消えてしまいたかったヨ。
いつもの如く反省然りなのでした。

そんな出来栄えにも関わらず、無謀にもゾーンCを2コマも
最近(←?)新しくドイツ語がオープンしたというブランチに出稽古へ。
・・・どんなドイツ人か見てみたいという好奇心に勝てなかった。

さて、初めて行くブランチでドキドキしていると、
なんとホームブランチで顔を合わせた事のある面々が勢ぞろい。
場所が変わっただけでメンバー一緒~。お陰で緊張がとけて良かったです。

でも講師はこれまた初々しい新しいドイツ人講師。若い!
しかもなんかノリがアメリカ人並みにハイテンション。
新人類を見る目で見てしまったヨ・・・。
生徒達は講師より軽く10年以上年上ですからね。ハハハ。

レッスンはいろいろお互いの事を尋ねたり話したりと、
フリースタイルな感じでした。
たまには違う講師のレッスンを受けるのも面白いなーと思いましたよ。
出来ればまたレッスン取れるように頑張ろう~。


L7B -29 / L7A -1 / L7A -2
さてさて、英検も終わった事だし(って二次を忘れてないか?)、
今度は11月のドイツ語検定に向けてドイツ語にテコ入れしないと!

それというのもすっかりドイツ語ご無沙汰でして、
レベルアップしたのに2か月もレッスンを取らず・・・。
G先生をガッカリさせること請け合いです。orz

恐ろしくていきなりゾーンCは取れなかったので、
まずはゾーンBでリハビリをし、続いてゾーンCを取ることにしました。

さて、久々のドイツ語1コマ目は生徒2人とナイスな感じ。
レッスン内容はレストランのメニューで、単語が山程ある。
いや~~も~~忘れてる忘れてる。あいたたた・・・。
単語も文法も忘れてる。忘れるほど覚えてもないのにネ!?
ちょっとビックリしたのは、G先生が単語の意味を日本語で教えてた事。
今まで、ちょっとした単語も頑なにドイツ語オンリーで説明して
生徒を迷宮入りさせていたのに、
おもいっきり日本語で「ハムね」とか。「豚ね」とか。
うーむ、何か要望でもあったのだろうか??
まぁ私はどちらでもいいのですが。
しかしゾーンBでも全然ついてけないワ。ガックリ。

そんななのにゾーンCで2コマ取ってしまったわけで、
続いて初のL7Aのレッスン。
生徒は4人。その内ゾーンBでご一緒した事のある方や、
顔見知りの方などいらしてちょっとホッとしました。

7A初レッスンは「お勧めのホテルはある?」とかってテーマ。
『私は空気です計画』とか心の中で思っていたけど、普通に会話を振られて撃沈。
7Aで新しく出てきた文法がやはり分からなかった・・・。
「あなた(君)」が「あなたに(君に)」に変形するみたいな事をやっていたと思われます。
Sie→Ihnen / du→dir
文章自体は、どうも英語でいうところのSVOOの作りっぽかったんですよね。
empfehlen+DATIV+AKKUSATIV
文法用語もドイツ語で訳わからん・・・。さっきと打って変わって日本語ゼロ・・・。
どうですかその仕打ち。
まぁ私は結局どちらでも訳わからなくても別にいいのですが。(ダメか?)

さて、ラストレッスン3コマ目は落ち込み~~な私を気遣ってか
今日の1コマ目で扱ったレストランのメニューがまた出てきて、
単語の復習をしつつ注文に関する会話の流れを学習。
そして生徒さんの分からない単語が出てくるといちいちチャーミングに私に振るのだ・・・。
その顔には『さっきやったでしょ?覚えているよね!?』って期待に輝く瞳が!!
その無垢な視線がレーザーみたいに痛いんですが・・・?新手の拷問か?
ちゃんと勉強しますから許して下さいゴメンナサイ状態でした。orz


そんなわけで全体的にほんと情けないほどグダグダなのでした。
ちゃんと勉強します。ほんとゴメンナサイ。って心から思いましたヨ。
それに、ご一緒したメイトさんがおっしゃるに、独検4級は難しいらしい。
独検は11月22日。きっちり勉強して、ちゃっかり合格してみせます!!


ドイツ語レベルアップテスト(L7B)
面倒になって書くのをやめてしまった(←オイっ!)ドイツ語のレッスン記録。
実は細々レッスンを続けてまして、先日、何とまぁレベルアップ推薦状が出たんです。

あちゃー。ちゃんとレッスン日記書いとくんだった・・・。
全然記録が残ってない・・・。私って、何を習ったんだっけ??orz
やっぱりレッスン日記は大事だなぁ。

そんな訳で何を見直そうかあちこち書き散らした紙だとかノートだとかを
かき集めている内にテストの日になってしまいました。


でもテスト内容は、テスト終了後にメモしたので(エッヘン)書くことにします。
最初はいつも通りの「元気?」的な挨拶、及び「昨日は何をしたの?」など
レッスンの最初と同じ様な軽い会話でリラックス(?)。

4コマのイラストの紙が出てきて、いよいよテストスタート。
4コマ共に同じ男性が描かれていて、
 1、女性と目玉焼きとコーヒーを食しているっぽい絵
 2、オフィスで仕事をしているっぽい絵
 3、レストランでどう見ても年上のおっさんとワインとピザを食しているっぽい絵
 4、女性に電話している絵(この絵のみ、男性の服装がカジュアル)

イラストの一つ一つを見ながら、「これはいつ?」「何をしている?」といった質問に
「・・・朝。」とか「朝ごはんを食べる」とか、ぶっきら棒な返答をしましたヨ。
イレギュラーな質問は、ウエイターを指して「これは何(職業)?」とかかな?
思いっきり「ウエイター」って答えちゃったヨ・・・。レベル7Cの頃より落ちてるヨっ!ボキャが。
ドイツ語ではウエイターは『Ober』(オーバー)です。

個人的には、1コマ目の一緒に朝食を食べてる女性と
4コマ目の電話の相手の女性が違う人なので、
一体どういう関係なんだろうかという点が気になって、
そこを考え込んで言い淀んでしまうという・・・。アホだ。

さて次に、また違うイラストが出てきて今度は聞き取りテスト。
外にわざとらしくポストがあるあたり郵便局だと言いたいのでしょう。
そこでの局員と客のやり取りの聞き取りですね。
- こんにちは
- こんにちは、手紙を日本とカナダに出したいのですが。
- 5ユーロ20になります。
まぁこんな感じのかなり短い、「え?終わり??」って感じのやり取りでした。
質問は、想像通り「手紙をどこに出す?」と「いくら?」って内容ですね。
一つ目の質問に答えたら、もう金額なんてすっかり忘れちゃって、
思いっきり数字間違えました・・・。

以上でテスト終了。
こんなでも無事というか何とかというか、合格できました。
L7Aからはちゃんとレッスン日記を復活させたいと思います。

いつレッスン受けられるかは未定ですが・・・ネ。


L7B -27 / L7B -28
ドイツ語のレッスンも40を越したねぇ。
だんだん悩ましくなってきたもんだ・・・・。(泣)

さて今日も2レッスン。1ポイントで受けられる最後のレッスンかも知れない。
そして4人とか5人レッスンも今日で最後になるのか・・・?

1レッスン目は生徒4人、講師はV。
テーマはどんな町か尋ねる。
- Wo wohnen Sie ?
- Ich wohne in Mainz.
- Wo liegt Mainz ?
- Mainz liegt in der Na:he von Frankfurt.
- Was fu:r eine Stadt ist das ?
- Das ist eine scho:ne Stadt.
- Was gibt es da ?
- Da gibt es ein Schloss.
- Ach so, ich verstehe.

うーん、なんとなく文章の意味がつかめないよう。
なんとなくは分かるんだけど、なんとなく分からない。
この『分からない感』は英語の時の「What is it like ?」に似てるわ。
何を聞かれてるかなんとなく分かんないのでどう答えりゃいいか分からないのよう。
英語でも分かんないのにドイツ語で分かるわけないワ。
しかもメモが前後しちゃって、会話の順番がグチャグチャに・・・。オワタ・・・。


そして2レッスン目は生徒は私以外は全員入れ替わって4人!
たった2レッスンで6人ものメイトさんに会えました。それもこれが最後か!?
講師はA。テーマは『ein Zimmer im Hotel reservieren』

- Ich mo:chte ein Zimmer reservieren.
- Moch:ten Sie ein Einzelzimmer oder ein Doppelzimmer ?
- Ein Einzelzimmer bitte.
- Wie lange bleiben Sie ?
- 2 Na:chte lange.
- Gut, das Einzelzimmer kostet 50 Euro pro Nacht, also zusammen 100 Euro.
- Ja, das nehme ich.
- Ihren Namen und Ihren Reisepass bitte.
- Hier bitte.
- Unterscheiben Sie hier.
- Bitte scho:n.
- Hier ist Ihr Schlu:ssel. Sie haben Zimmer Nummer 8. Scho:nen Aufenthalt.
- Danke scho:n.
(おまけ)
- U:brigens, der Lift ist kaputt.

ホテルに関しては、L7Cの時につづりを尋ねるレッスンとかやったので
知ってる単語が多くて助かりました。
単語に応じて冠詞を細かく変える必要がないからこっちのが気分的には楽だったり。
問題は数字だけど。
例の如くリスニングで金額の聞き取りが出来ず、しかもそこを当てられた・・・。オワタ・・・。


L7B -25 / L7B -26
今日も2レッスン。
アンタよくまぁこんなに取るね、と自分でも思う。
でもドイツ語の生徒さんは結構熱心に皆、マメにレッスン取ってらっしゃるヨ。
だからか(?)レッスン前に、皆で画面越しにポイント値上がりに関してブーブー言っとります。
あー私もホント、どうしよ。


まーレッスン料金に対する不平不満はともかく、今日の1レッスン目は生徒が2人。
講師はS-5。名前にSの付く講師が5人・・・。8人中5人・・・・。
ちなみにドイツ語ってSから始まる単語もやたら多いと思う。
S大好きドイツ人。ドS。(変態みたい。)

それはレッスンとは全然関係ありません。
今日のテーマは外見を表現する。
- Wie sieht der Mann aus ?
- Er hat eine grose nase.
もういや冠詞ー!!頭ン中うじゃうじゃするー!!
それどころかhabenの活用でミスって直されてしまった・・・。
うわーんドイツ語のバカー。

しばらくこの乗り越えられない第一の壁に向かって手を振り上げている悪寒。


2レッスン目は講師は同じS-5、生徒は4人に増えました。
テーマは電話で会話する。
- Hallo, hier ist Stefan. Wer ist da ?
- Hallo, hier ist Alex. Was machst du gerade ?
- Ich lese. Und du ?
- Ich sehe einen Film.
- Was siehst du ?
- Casablanca.

カサブランカってどんなだっけ?聞いたことあるけど見たことない。
ここはあまり難しくなかったって言いたいとこだけど、
やっぱり『du』が使い慣れてなくてダメだ。
動詞が変な変化するし・・・。
しかもリスニングが全然ダメときたもんだ。
なんでこんなに聞き取れないんだろうか~?
どう訓練すればいいか悩みどころだ。・・・・・悩み増えた。


L7B -23 / L7B -24
1ポイントでドイツ語レッスンを受けられるのもあとわずか。
何とか2レッスン取りますヨ。

さて、1レッスン目は生徒3人。講師はS-4。
レッスン最初に「週末は何をした?」とそれぞれ尋ねられました。
えー?過去形??今までに過去形のテーマって習ってないんですが・・・?
まーL7Cの時に現在形で昨日の事を話しまくった私なので
そんな細かい事は気にしないのでス!

・・・と、いつもならガンガン現在形で話しちゃうところですが、
なんと!!折しも先週末はドイツ語の先輩シュベスターRと花屋に行き、
それをドイツ語で何と言えばいいかしつこく教わったとこだったのです!!
(でもちょっと忘れちゃったから間違えちゃった・・・orz)
- Ich bin nach Shibuya gegangen.
そしたら「何をしに行ったの?」と聞かれてドツボに・・・。
- Ich habe einen Blumenstraus fu:r eine Party gekauht.
うーん、メモが追い付かなかったけど多分、こんな感じに直されたと思う。

さて、今日のテーマはまた駅。駅特化型生徒でも作るつもりか?
- Guten Tag.
- Bitte scho:n ?
- Eine Fahrkalte nach Berlin bitte.
- Hin und Ru:ckfahrt ?
- Nur hinfahrt, bitte.
- Wann mo:chten Sie fahren ?
- Heute, um 16Uhr.
- Bitte, Ihre Fahrkarte. Das macht 60 Euro.
- Hier, bitte.
- Danke scho:n. Gute Fahrt !

そんなわけで行先や運賃を変えてロープレ。
今更ながら数字の発音でつまずく・・・。
16はゼヒツィーンで、17はジプツィーンなんだね。
60はゼヒツィッヒで、70はジプツィッヒなわけなんだね。
76はゼクスウントゥジプツィッヒとなって、
67はズィーベンウントゥゼヒツィッヒとなるんだね。

絶対聞き取れないし、6と7を間違う自信がある!(キッパリ)


続いて2レッスン目。
なんと生徒一人になってしまった。久々ラッキーマンツーマン。
10日前予約でもたまにこういう穴があるんだよね・・・。だから値上げか!!
講師は前と同じS-4。先程、週末何をしたかは質問しちゃったので、今回はこの後の予定。
いやー普通に難しいんですけど??
めちゃくちゃに言ったのを直してもらいました。
- Ich gehe zu minen Kindern in die Schule.
- Ich sehe mir den Unterricht an.
- Das Wetter ist nicht scho:n, aber ich muss Wa:sche waschen.
その他いろいろめちゃくちゃに喋ったのを根気よく直して下さいました。
マンツーだから出来る技であります。

さぁて今日のテーマは『die Familie』
die Mutter と der Vater を合わせて die Eltern
die Tochter と der Sohn を合わせて die Kinder
結婚している人は、旦那さんを mein Mann
奥さんを meine Frau と呼べると。
- Sind Sie verheiratet ?
- Ja, ich bin verheiratet.
- Nein, ich bin ledig.
ここでドイツでは入籍せずに子供をもうけている夫婦(?)が
結構いるみたいな話を講師がしてくれました。(たぶん。)
- Haben Sie Kinder ?
- Ja, ich habe 3 Bru:der und eine Schwester.
- Wo wohnt Ihr Schwester ?
- Sie wohnt in Oslo.
- Wie alt Ihre Schwester ?
- Sie ist 30 Jahre alt.

いやいや、冠詞ややこしっ!!
英語なら簡単に言える表現がこのややこしさ。
永遠に悩まされそうだワ・・・。
でもここを乗り切らないと次へ行けないのよね~。泣ける。


L7B -22
いやー、ほんとレッスン日記は溜めるもんじゃないね。
しかも2ポイント消費になる前に何としてもレッスン取りまくるぞ計画のせいで
溜まりまくり・・・。

そんな泣き言はともかく、思い出し出し書き書きですよ。

えーっとこの日は・・・??(←もはや記憶にない)
生徒は4人、講師はS-3。
テーマは『Fragen am Bahnhof』。

- Wann fa:hrt der na:chste Zug nach Hamburg ?
- Der na:chste Zug fa:hrt um 2:10 Uhr.
- Und von welchem Gleis ?
- Von Gleis 3.
- Ich verstehe ! Vielen Dank.

皆、発音に苦戦してました。
「ch」の発音とウムラウト付きの「a」の発音がネックかなぁ。
ロープレ中、ついついノート見ちゃうから下向いちゃうのをどうにかしないと。
頭の中でセリフを繰り返し言ってみないとダメだね。


ヴェルヘムってなんだ?
いやー知らない単語ばかりなり。




Copyright © (改)片言からの英会話ブログ. all rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。