(改)片言からの英会話ブログ
ダメ人間に片足を突っ込んだ主婦が思い付きで英会話を習う手記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TOEIC結果が出た~
TOEICさんからメールが来てました。

さて、今回の結果は?

L305 R190  計495

ちなみに前回は去年の6月でコレ→L320 R225  計530

ギャーーー!!!激しく落ちてる~~~!!!
やっぱり聞こえたものは幻聴だったのね~~!!
読めた気がしたのも気のせい~~~!!

気のせいなのは良くある事だけど、
このままではジリジリとスコアが下がっていく悪寒・・・。
ちゃんと勉強しなさいって事なのね~。orz

リスニングは、ちゃんと聞こえているのに正解が分からないって感じだったので、
いよいよ単語力不足なんじゃないかと思います。
リーディングは、文章の構成は分かったのに意味がしっかり取れないものに
すごくたくさんぶつかったので、やはり単語力不足なのかな。
あまり確信もってマーク出来なかった問題が多かった事が、
如実にスコアに出てしまいましたね~。
・・・すると、直感力が落ちたってことか!?

しかし、さすがに500点を下回っちゃダメだろ~~。
穴ぼこ文章で答えを出すには500点が限界っちゅーことですな。
TOEIC終わった時だけじゃなく、勉強熱をキープさせないとね!
スポンサーサイト


TOEICちゃんと行ったぞー
昨日は嫌気で滅入ってました。
でも今日は、余計な・・・ありがたいことに、
家族中が私を起こしてくれて、無事行ってきました。
昨日の内に「TOEICイヤだイヤだ」と騒いでおいたおかげです。

さて、今回は今までで一番近くて小さい会場でした。
教室も狭くて50人入れるかどうかって感じです。
だから、この会場全体でも受験者は300人くらいかな?
受験者は、たまたまかわからないけど年配の方が多かった。
いつも大学生だらけなのになぁ。時期的なもの?
そういえば10月のTOEICは初めてだ。

席は最前列でリスニングには最高の場所なんですが、
試験官が目の前でなんかガサガサやってんのが目に入って
リーディングではちょっと気が散ってしまいました。
・・・まぁもともと集中力ないんだけど。
あと、おじさんが溜め息つき過ぎ。
右のおじさんも左のおじさんも溜め息つくの。
気持ちはすぅ~~んごく分かるけどネ。(笑)
だって私は今回、リスニング10問目で
「うわっまだ10問!?もうイヤ~~!!」って飽きたもん。

でも、今日はなんだかよ~く聞こえたんだよね。
今までで一番聞こえました。さすが特等席。
何言ってるか分かる(気がする)んだ。
けど・・・けど答えがないの!!何故~~~!!!

文章も読める!!すごく読める!!・・・んだけどね、
その読み方がちょっと問題アリで、
『客が○○で○○したけどサービスセンターが○○で○○だから・・・』みたいに、
肝心なとこの単語の意味が分からないの~~~。
だから結局何が言いたいか分からないという。orz
ダメじゃん。

そして最後は、恒例の30問塗り絵。
文法問題は多分、いつもよりかはパッパッと塗ってったんだけど、
シングルパッセージがなんか小難しくて時間くっちゃった。


まぁこれで1年に1回の義務が終わったって感じで、
やり終えた感で満足。

・・・て、あれ?なんか思い出した。
何か目的あった気がした。

・・・あ、そういや就職に使えるように頑張るハズだったんだ!!


オワタ・・・orz


オクトーバーフェスト2011
今年もこの時期がやってきました!オクトーバーフェスト!!
もちろん今年も参戦・・・いや参加です。

今日は開催最終日の前日ということで混んでいる事を覚悟して行きましたが、
想像以上の混雑。もっと早く会場入りするべきでした。
オクトーバーフェスト2011


今年も毎年お馴染みの待ち合わせの友人と会場をぐるぐる空席を探している内に
ショウが始まってしまいました。
今年はステージが会場の真ん中付近に設置されてて、360度観客席です。
オクトーバーフェスト2011の3
こりゃ大変な盛り上がりになるぞ~って予想通り、演奏が始まったらもう身動き取れない!
会場内を回るラインダンスが始まっちゃうんだよね~。

乾杯の歌にビールがないのは寂しいので、すぐ近くのビール売り場でビール購入。
今年はこのビール「フレンスブルガーデュンケル」。アルコール度数がなるべく低いヤツ。
ドイツビールの出店が今年はすごく増えた様で、コレもお初にお目見え。
オクトーバーフェスト2011ビール
写真撮る前についつい飲んじゃった。でもこれで祭りに参戦じゃー!!
オクトーバーフェスト2011の2
今年は異様に陽気なドイツ人楽団。
大きく伸びたり飛行機の様に手を広げたり跳んだり。
3人で輪になって帽子の交換をするショウなど大盛り上がり。
オクトーバーフェスト2011ショウの2  オクトーバーフェスト2011ショウ
ギャラリーをステージに呼び込んで帽子取り換えショウまでしました。
毎年30分キッチリしか演奏しないのに、今年のメンバーは45分くらいのりのりで演奏。
テントの中暑い暑い。ショウが終了したのを機に外のベンチに移動しました。

ビールのおつまみは、やはりブルスト。ブルストセット2000円て高っ!!
ブルストセット2000円  ザワークラウトとプレッツェル
イベント価格だよね~。
でも楽しくビールを飲んで帰宅しました。
また来年も行きましょう!


ロンドン旅行記 その3
さすがに今日は皆、ぐっすり。
私は6時に目が覚め、部屋の窓から外を眺めました。
夜の間に結構しっかりと雨が降ったようです。道が濡れています。
BBの朝1  2階から下を見る  向かいの町並み
向かいの町並みもほとんどがB&B。
雨のおかげで空気が清々しいです。

7時には皆起きました。のんびり仕度して、2日目の朝食に行きます。
今日は子供たちがコンチネンタルを選択。シリアルとヨーグルト、クロワッサンのセットです。
シリアル  クロワッサン
シンプルだなー。足りるのかなー?
やっぱりお腹にたまらなかったらしく、食パンをおかわりして食べてました。しかも塩コショウで。

さて、今日のテーマは『ショッピングお楽しみデー』。
ハマースミス駅のバスステーションからベイカーストリートに向かいます。
ハマースミス駅バス停  ベイカーストリート1
目指すはシャーロックホームズ博物館です。

特にホームズのファンなわけでもなく、むしろ読んだことないのですが、
テレビで見た時、子供たちが気に入っていたのでチョイスしてみました。
建物の1階はおみやげ店、2階以上が博物館になっています。
シャーロックホームズ館1  シャーロックホームズ館3  シャーロックホームズ館2  
生活品が時代を感じさせてなかなか素敵な雰囲気でした。
暖炉には炭が赤々と燃え、燭台には火が灯されています。
メイド服を着たメイドさんがいて、火の管理をしているようでした。
まるでホームズが実在の人物の様に思えてきます。
子供たちも雰囲気だけで楽しめてるようです。

3階にはワトソン君も居ました。ちょっと太り過ぎな感じでしたが、
ウチの娘に「Where are you from?」と声を掛けてくれました。
ワトソン君
「I'm from Japan.」って娘が答えると、「コンニチワ、スバラシイ」などと
片言の日本語を披露してくれました。なかなかフレンドリーですね。
メイドさんは撮影ダメって言われたけど、ワトソン君はオッケーでした。

ベイカーストリート駅前にはシャーロックホームズ像が立ってました。
シャーロックホームズ像
足元にはフランス人のお子ちゃま。かわいらしい。

この駅前からまたバスに乗ってトラファルガー広場に向かいます。
運良くダブルデッガーバス2階の最前列に座れました。
バスの2階
ピカデリーサーカスに向かうリージェントストリートは日本の銀座みたいなものですかね。
素敵な町並みにウィンドーショッピングだけでも楽しめちゃう。

トラファルガー広場に到着。広場の奥にはナショナルギャラリーが構えています。
時刻は11時過ぎ。さすがに人が多いです。
でも、いくらでも人を受け入れてくれそうな大きな入口だよね。
ナショナルギャラリー1  トラファルガー広場  ナショナルギャラリー2
ナショナルギャラリー側から広場を撮影。ネルソン提督の孤高の姿が印象的です。
電光掲示板はロンドンオリンピックまでのカウントダウン。

ナショナルギャラリーでは、印象派からゴッホのあたりを重点的に回りました。
各部屋ごとに中央に立派なソファがあって、ずっと座って眺めていたい感じ。
でもチビが美術品には興味がなく、1時間くらいで引き揚げることに。

次は歩いてコヴェントガーデンに向かいます。
コヴェントガーデンへ  コヴェントガーデンへ2
途中、チャーリングクロス駅前を通過。これが駅だなんて見えない。
徒歩7分くらいでコヴェントガーデンに到着。
コヴェントガーデン1  コヴェントガーデン3  コヴェントガーデン2
教会前の広場では入れ替わりで大道芸人たちが技を披露しています。
広場に面する2階のカフェテリアは見学には特等席みたい。
昼食をとるカフェを探して歩けば、あちこちにストリートパフォーマーが。
ストリートパフォーマー1  ストリートパフォーマー2
お金を入れれば動きます。でも一人、かなり台から離れて普通にしゃべってる人が・・・。

昼食に入ったカフェは「The Real Greek」ギリシャ料理です。
子供たちはスヴラキを注文。ピタに巻かれたタイプで美味しいみたい。
あと、旦那は謎の「ビフテキ」ってものを注文。
ビフテキ?  エビのグリル
ビフテキの正体は、牛肉100%のハンバーグでした。
私はエビの香草焼きを注文。どれもなかなか美味しかったです。

さて、ここから旦那&チビと私&娘の2チームに別れて行動。
私たちは今回のイギリス行きの目的の30%くらいを占めている
アフタヌーンティに行くのでーす。
場所はランガムホテル。
5つ星ホテルなので、玄関には正装(燕尾服)をしたホテルマンが常駐。
ランガムホテル入口
すでに場違い感をヒシヒシ感じつつ、でもお構いなしに中へ。中もすっごくゴージャスな作り。
ランガムホテルの廊下  ランガムホテルのトイレ  ランガムホテルの踊り場
ずうずうしくも、トイレを拝借。手洗い用に、ちゃんとタオルが置いてあるの。スゴー。

ホテル入口からすぐに予約したカフェ「パームコート」がありました。
アフタヌーンティのメニューは二つある内の「Bijoux Tea」を注文。
紅茶もたくさんの種類から選べますが、私はダージリン、
娘はイングリッシュブレックファストと無難どころをいくチョイス。
最初にミントのムースが出てきて、その後、出てきたのが左下の皿。
これ、サンドイッチです。なんじゃこりゃ~って感じ。
食材もトリュフやらフォアグラやら贅の限りを尽くした趣向。
サンドイッチ  アフタヌーンティのケーキ
さらにケーキも出てきました。すっごい綺麗なの。
紅茶がさすがに美味しかった。何杯も飲んじゃった。紅茶大好き。
なくなる度、新しい茶葉でサーブしてもらえます。
最後に焼きたてのスコーンが出てくるのですが、これがまた美味しいの!
少しオレンジの香りがして、うっすら甘い。
テーブルにあるクロテッドクリームとストロベリージャムをぬって食べると最高。
なくても美味しい。いいなぁこれ。
でも、1個食べたらずっしり来る。絶対カロリー過多だ。
残すのはもったいないので、お願いしてお持ち帰りパックを作ってもらいました。
サービスも満点です。

おもたい腹をかかえ、待ち合わせのハムレイズというオモチャ屋さんまで
リージェントストリートをウィンドーショッピング。
途中、ユニクロのチラシを配ってました。すごいねユニクロ。

ハムレイズは1階から7階まですべてのフロアがオモチャ売り場という玩具のデパートです。
店員がデモンストレーションしながら商品を売っているので、見てて楽しい。
でも空気砲でいきなり顔を撃たれるとムカつく。デンジロウかお前は。
任天堂大好きな娘はゲーム売り場で海外版パッケージを熱心に研究。ううむ変態だ。
チビはあちこち張り付くように見て回ってました。

ロンドンの日曜日はどこも終わりが早く、6時には閉店です。
私たちも次に行くロンドンアイでロンドン観光を締めくくります。
でもとうとうやっちゃいました。反対向きのバスに乗っちゃったんだよねー。
途中で気付いて慌てて乗り換え。
7時になり、あたりも暗くなってきました。
ロンドンアイ
これに乗ったら短いロンドン観光も終わりです。
チケットを買うのに15分くらい並びましたが、25人乗りということもあって、
乗り込むのはアッという間でした。
ロンドンアイからの夜景1  ロンドンアイからのビックベン  ロンドンアイ
ピンボケボケですが、夜景がすばらしかったです。ロンドンが宝石箱のようでした。

あ~今回の旅もこれで終了だなぁ・・・。
ウェストミンスター駅へ向かう橋の上で、名残惜しくロンドンアイを見ます。
反対側にはビックベン。ここの夜景は最高だよな~。
ロンドンアイ1  夜のビッグベン1
ビッグベンがやっぱり一番ロンドンらしい!やっぱり素敵!!
夜のビッグベン2  夜のビッグベン3
しつこくビッグベンを撮影。いや~楽しかった。

とか言いながら、最後にどうしても行きたいと、ハマースミスのガストロパブに行く。
ロンドン関係のブログを読み渡っている時に見つけた良さそうなレストランです。
「THE GROVE」というイタリアンレストラン。
初日にフィッシュ&チップスを食べ損ねていたチビは、改めてトライ。(左下)
ほんとはもっと綺麗に盛り付けされてたんだけど、写真撮る前に食べちゃったのヨ。orz
緑のペーストはなんとグリンピース。ちゃんと生から茹でて作ってありました。
ポテトもザク切りがホクホクで美味しい。タルタルソースがあるのもグー。
フィッシュ&チップス  ステーキ  レモンのリゾット
娘はここまで来て肉が食べたい!とステーキを注文。
旦那はレモンのリゾット。きっと米が食いたかったんだろう・・・。
これが、どれもこれも超美味しいの!!
フィッシュアンドチップスも、身厚の白身魚が美味しくて、チビ大満足。
ステーキのソースは少し酸味の効いたものでお肉に良く合い、
お肉も固くなくジューシー。しかもデカイ。
レモンのリゾットは、レモンの爽やかな香りとチーズの濃厚さがすごくマッチしてました。
これにレモネードやジンジャエールなどの飲み物を頼んでも
合わせて£50しないというリーズナブルさ!素敵!!
いや~最後の最後、わがまま言って皆を連れてきて良かった。
皆も、疲れていただろうに文句も言わず付いてきてくれてありがとう。

カフェラテをテイクアウェイしてB&Bに帰宅。3日目も無事終了しました。

Comment0 page top


ロンドン旅行記 その2
2日目。6時には皆、起きました。

7時10分に朝食に地下階の食堂へ。
イングリッシュブレックファストかコンチネンタルから選べます。
ここは、全員がイングリシュブレクファストを選択。
BB朝食1  BB朝食2
典型的なケチャップ煮の豆、卵、ベーコン、ソーセージ。
薄切りの食パンのトーストがカゴに入れられて出されました。
これぞ!イングリッシュブレックファスト!!
飲み物は、銀のポットに入れてコーヒー、紅茶&ミルクがそれぞれ出されました。

日本の物と違うのは、ベーコンとソーセージ。
ベーコンは、日本では「生姜焼き用」くらいの厚さの塩味の豚肉。美味しい!
ソーセージは、オクトーバーフェストのブルストに近い感じかな。独特の食感と臭み有り。
食パンは、無くなると「あと何枚いる?」と聞いて追加で焼いてくれました。
皆ガッツリ食べました。

8時30分、B&Bを出発。天気は薄曇り。肌寒い。
宿の玄関には「フルハウス」のプレートが。
客室が14しかない小さなB&Bですが、結構人気あります。
BB玄関  公園
宿近くの公園も、枯れ葉が散って秋の装い。
英国警察  ハマースミス駅
宿の通りは警察署もあるので、治安も良さそう。
駅前のタクシー乗り場には、いわゆるキャブが客待ち。車のシルエット可愛い。


今日と明日の観光のために、事前にネットでロンドンパス&トラベルカードを購入。
2dayで大人£75、子供£49。日本への輸送代が£5.95、保険が£11.43。
割高感がありますが、当日に窓口に並んだりする手間が省けます。
ロンドンパス
左が付属の小冊子。ちゃんと日本語バージョンでした。
右上がロンドンパス。いろんな施設の入場料免除や、オーディオ無料レンタルなどの特典が。
右下がトラベルカード。全ゾーンは行かないからちょっと損だけど、
これで地下鉄、バス等をエリアを気にせず使い放題!これは便利でした。


今日の観光のテーマは『イギリス世界遺産巡り』。
地下鉄ディストリクトラインに乗ってウェストミンスター駅へ向かいます。
地下鉄から出たら目の前にビックベンがドーーン。
朝のビックベン  国会議事堂の庭
どこの国の誰しもがバシャバシャ写真撮ってます。
子供たちもテンションアップ。すごーい!!かっこいい!!
感動さめやらぬ内に歩いて見えてきたのは、ウェストミンスター寺院。
ウェストミンスター寺院1  ウェストミンスター寺院2
すごいよねぇ。このたたずまい、繊細な彫刻。
入場口はカードとキャッシュで左右に分かれてましたが、9時前で朝早くだったからか、
さほど混まずに入れました。しかもロンドンパスが使えて家族入場料£32がフリーに。

中は記念碑、つまりはお墓だらけなのですが、ひとつひとつの彫刻や装飾がすごい。
オーディオガイドは無料で、日本語もあります。説明を聞きながら回りました。
9時頃、賛美歌が聞こえてきました。早祷のようです。厳かな雰囲気が倍増。
記念碑もすごいけど、天井やステンドグラスもすっごい素敵。
ポカ~ンって口開けて見上げちゃいました。
中は撮影禁止なのですが、回廊は外だからいいよね?とパチリ。屁理屈。
回廊


さて、次はロンドン中の観光客が集まると噂の例のパレードを見に、バッキンガム宮殿へ。
セントジェームズパークを歩いていたら、鼓笛隊の音が響いてきました。
11時半からだと思って油断してました。もう赤いヤツらが歩いているっぽい。
でもウチのチビッ子は公園のガチョウやリスに夢中・・・。追いかけまわしてる。
セントジェームズパーク  騎馬警官
走り回るリス。向こうからは優雅な女性騎馬警官がパッカラパッカラ。
結局間に合わず、兵隊さんの出待ち。orz
待ってる間に、赤くないヤツらの鼓笛隊が通過。見たいのはコレじゃない!
バッキンガム宮殿1
近衛騎兵隊もやってきた。赤いけど違う。帽子が。
バッキンガム宮殿2
微妙に人が掃けたので場所を移動。ロンドンてオリンピックに向けてあちこち工事中なんだよね。
バッキンガム宮殿3
ヴィクトリア記念碑も例にもれず補修中。まぁいいけど。
街灯に寄り掛かって待ってたら街頭の影から騎馬警官。
騎馬警察2
・・・と思ったら
兵隊さん1
ギャーー!!赤いヤツーー!!油断してた。見張ってた方の反対から来るんだもん。
クマ帽がファッサファッサしてました。兵隊さんとの距離50cm!目の前!
その後、宮殿から赤い兵隊さんがトテチテターっと出てきましたが、遠い・・・。orz
兵隊さん2
これは、次回にリベンジですな。

すでに時刻は12時半を回ってます。
次の目的地はバラマーケット。ロンドンブリッジ(童謡で有名)の近くにある食材市場です。
普段は業者向けですが、木・金・土は一般の人も入れます。
バラマーケット1  バラマーケット2  バラマーケット3
パン屋さんや肉屋さん、きのこ屋さん(?)。その他チーズやら豆腐やら紅茶やらいろいろありました。
フレッシュジュースや肉を挟んだパンなどを買い食いしてお昼を済ませました。

お腹もふくらんだところで、タワーブリッジに向かいます。
少し小雨が降ってきましたが、誰も気にしてないみたい。
道中、ロンドンダンジョンに長蛇の列。ギャーとか外まで聞こえてくるんですけど・・・。
タワーブリッジ付近  ロンドンダンジョン
近代的な建物もどんどん建設中のようです。オリンピック効果。

タワーブリッジに辿り着きました。ついロンドンブリッジって言っちゃう。
タワーブリッジ1  タワーブリッジ2  タワーブリッジ3
タワーブリッジの向こうにはロンドン塔が見えます。
その向こうには・・・コクーンタワー・・・東京モード学園?
(今、調べたら、ガーキンって呼ばれてるらしいです。)

タワーブリッジを渡ってたら、チビが「登りたい」と言いだした。
誰も中や上には興味なかったけど、仕方がないから皆で上まで行きました。
ロンドンパス提示で大人£8、子供£3.4がフリーでした。
そして、さして興味を引くものもなく、ふ~んて感じで通過。写真も撮らず。
お金を払ってまで登る必要はなさそうです。

さてさて、今日のメインディッシュ、イギリスの黒歴史館ロンドン塔見学です。
入場料はロンドンパスでフリーですが、大人£19.8って高っ!!家族チケットは£55です。
時間も午後3時を回り、入場は混雑していませんでした。

いかにも要塞って作りの外壁。外壁の上から外を見ると何だか兵士になった気分でした。
ロンドン塔1  ロンドン塔2  ホワイトタワー
中庭にいるワタリガラス。いなくなると王国が滅ぶとかで、出してもらえないとか・・・。かわいそ。
塔の中心はホワイトタワー。中は甲冑や武器の展示がありました。
かなり面白かったのですが、なんとデジカメの電池が切れて撮影できず。orz 残念無念。
ジュエルハウスの王冠だけは入口から行列。
でもこれだけは私が絶対見たい!と言って並びました。
イギリスの(過去の)国力を見せ付けるコレクションですなー。素敵ー。

じっくり回って疲れきって、近くのスタバで休憩。
奥のソファーで靴脱いで1時間くつろいじゃいました。あまり混んでなかったので。

帰りはリバーバスで、テムズ河沿いの夜景を見ながらロンドンアイまで移動。
トラベルカードを提示すると少し値引きしてくれました。
夜のタワーブリッジ  河からのビッグベン
バッテリーをだましだまし撮った夜景。ライトアップがとても美しいです。

夕食はカルッチオというイタリアンレストランのチェーン店でパスタをいただきました。
ゴルゴンゾーラのニョッキ(£8.25)がとっても美味しかった!!・・・のに写真が撮れず。orz
カルボナーラ(£8.25)もとてもいい味のソースでした。
しかもロンドンのレストランではお値打ち価格です。

時刻も夜9時を回り、皆1日よく動いたと思いつつ2日目を終了しました。

Comment0 page top


ロンドン旅行記 その1
とうとう、行ってきました。
家族でイギリス旅行。
8月に急に思い立って、行くなら今しかないっ!!と。

10月7日(金)~11日(火)の3泊5日という超コンパクトなプランです。
せっかくイギリスまで行くのに、ほぼトンボ返りですが、
子供が飽きずに過ごすにはこのくらいの方が疲れもたまらず良いかな~って思いまして。
まともに観光が出来るのは中2日間なので、ロンドン市内のみ観て回りました。

以下、超長いので適当にどうぞ。


それでは1日目。
ヴァージンアトランティック航空のイギリス直行便で出発。
ヴァージンの売りはエンターテイメント。
子供たちは早速、ゲームをしたり映画を見たり。
でも私的には常に関心は
ベルトサインが消える前にドリンク、離陸1時間過ぎに1回目の機内食が出ました。
メニューは4種類。子供たちは照り焼きチキン丼、大人は松花堂弁当をチョイス。
照り焼きチキン  松花堂弁当
 ↑ 照り焼きチキン         ↑ 松花堂弁当
子供たちは照り焼きチキンが美味しいと大満足。
デザートのチョコケーキも美味しそうだった。
松花堂弁当は、茶そば、がんもの煮付け、卵焼きなど。味噌汁が付いてるのが素敵。
個人的には、煮付けがしょっぱくなく、お出汁がしみてて美味しかった~。

その後はライトが落とされ、お休みモードへ。
途中、2時間置きくらいに、アイスバーや
軽食(ハムサンド・カップケーキ・青菜おにぎりの3種から選択)も出ました。

ヒースロー到着2時間前に2回目の機内食が出ました。
メニューは2種類、ポーク生姜焼きorブロッコリーのペンネ。
豚しょうが焼き丼  ブロッコリーのペンネ
 ↑ ポーク生姜焼き        ↑ ブロッコリーのペンネ
飛行機のなかで特に動いているわけでもなく、お腹も空かなそうなものだけど、
皆ペロリと食べちゃいました。機内食ってなかなか美味しい!


さてさて、いい加減、身体が痛くなってきた頃、ヒースロー空港到着。
15分遅れくらいで現地時間16時15分くらいかな。
その後の入国審査が長蛇の列・・・。いろんな国の人がいるもんだね~。
係官は黒人のおばちゃんで、ちょっと見た感じでは怒ってるかの様。
子供たちはジロッと見られて突然名前を聞かれ、しどろもどろ。
でも上目遣いでオロオロ答える様子が可笑しかったらしく、笑いを堪えながら
「How are you?」って聞いてました。
そんなこんなで結局空港を出られたのは18時30分頃。時間かかった~。

空港からは地下鉄ピカデリーラインに乗って、予約してある宿に向かいます。
3泊するホームベースは、ハマースミス駅から徒歩6分くらいのB&Bです。
ロンドンの中心地からは若干離れてますが、その分、宿泊費が安いのです。
予約したところも、4人で1泊115ポンド朝食付という安さ。

ハマースミス駅に着いた頃にはもう18:30頃で、外は薄暗くなってました。
地下が暖かかっただけに、外は風が強く、寒い!!これで16度とか嘘だろ~。
用心してダウンを持ってきて良かった。

四方に伸びる通りの一つをてくてく歩いて目的のB&Bに到着。
オーナーはフレンドリーで親切なおじいちゃん。
わざわざ受付から出てきて一人一人と握手。
「How do you do?」と声をかけられてドギマギの子供たち。
でも何とか返事をしてました。
その後も、変換プラグはいるか?ドライヤーはいるか?と世話を焼いてくれました。

当てられた部屋は通りに面した2階で、狭いながらもこざっぱりとした装飾。
BB階段  BBトイレ  BBシャワー
トイレやシャワーブースも狭いけれど、とても清潔に掃除されてました。
口コミに「狭い」「狭い」と書いてあったけど、日本人には気にならないかも。(笑)
たった3泊だしね。

さて、すでに午後7時。でも悩んだ末、大英博物館へ行くことに。
駅前からタクシーに乗ったけど、道が混んでて到着したのは7時45分頃。
閉館は8時半なので、見たいものをしぼって、エジプトエリアへ直行。
大英博物館  ロゼッタストーン
 ↑ 圧倒的な門構え        ↑ ロゼッタストーン
エジプトファラオ  くさび形文字
 ↑ 展示物デカっ!        ↑ くさび形文字の刻まれた壁盤
いや~スケールでか過ぎるよね。ひとしきり感動。

閉館まで見て回り博物館を出た後は、まだ頑張ります!
フィッシュ&チップスを食べに、事前に調べたお店まで歩きました。
「THE FRYER'S DELIGHT」ってとこなんですが、大英博物館から徒歩5分くらい。
近くまで行ったら、揚げ物のいい香りが漂ってました。
店内で食べようと思ったのに満席、子供たちも眠くて限界っぽかったので、
テイクアウェイにしました。

宿に帰って食べたら、魚の臭みもなく、衣はカリカリに、中身はホカッと揚がってて
とっても美味しかった~。(でも写真撮り忘れた・・・失敗。)
食べてたら旦那の目覚ましが鳴った。24時間活動しちゃったヨ。

そんなわけで、これで初日は終了にしました。

Comment0 page top


10月のTOEIC申し込みました
ギリギリまでグズグズした挙句、とうとう申し込みました。
仕方のないところで最後のあがきというか何と言うか…。

申し込み日初日に思いっきりやる気満々で申し込む私と
ギリギリまでやりたくなくて最終日に申し込む私と
両極端すぎて若気の至りというか何と言うか…。


あと一カ月はあるのだから、何とか努力したいと思います。
ががががが頑張るぞ~~~!!!


なんか気づいたら9月・・・
英語学習復帰とか言って、

・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・。

・・・・ハッ!!もう9月!?

また、というか、まだ!?ダラダラしてました。

ダラダラのスパン長~~~。
3か月もダラダラしていることに気付かないってどーよ。


いや、そりゃ、職を探したりとかね、したようなしてないような?
(人はそれを家でネットしていると言う。)

あまりに熟考しすぎて気づいたら2時間経ってるとか?
(人はそれをうたた寝と言う。)

まさか前回やる気満々でエントリーした記事が6月とはネ、もう目が点よ。
自分が信じられない。アンタ誰?って感じ。

3か月もお金がないのにダラダラしてしかも衝動買いとか相変わらずして
でも生きていけるって、旦那のおかげじゃん・・・。orz
私って一体・・・・。(自分を見失い中)


こんな自分にムチを打つには、アレだ!!
2時間座って超苦痛な200問に挑むドSなアレしかない!!
(人はそれをTOEICと言う。)

なんか方向性が微妙に間違ってるような気もする(また散財ですか!?)けど
なんとなく何かに向かっていればいいような気もするのでこれでOK。

10月末日を予定中。




Copyright © (改)片言からの英会話ブログ. all rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。